D300と40D

f0063403_231101.jpg

(ISO200 F5.0 SS1/1250)

 ネット上のいろいろなところで、11月(?)に発売されるニコンのD300と、8月31日に発売されたキヤノンの40Dの比較の話題が出たりしています。

 カワセミ撮影には秒間何コマ撮れるかが気になるところですが、キヤノンの40Dは画像を14bit処理で高速時秒6.5コマ(連続17枚)。ニコンのD300はバッテリーグリップを付けない本体だけだと秒間6コマ。ですがこの6コマは画像を12bitで処理するときで、14bitの場合だと6コマ出ないと指摘されている掲示板もあります(2.5コマと書いている掲示板もありました)。真偽のほどは分かりませんが、ニコンのWebsiteには、「フォーカスモードC、露出モードSまたはM、1/250秒以上の高速シャッタースピードで、その他が初期設定の場合。」という注も。このその他が初期設定の場合というのがミソでしょうか。初期設定がどういう設定なのかはどこにも書いてないような...。

 真偽はやがて明らかになるでしょう。
[PR]

by komatyans | 2007-09-04 23:24 | カワセミ